こんにちは。春らしい陽気になってきましたね。

まだ朝晩は冷えるときがありますが昼間は暖かくなりましたね。

 

さて5月と言えばゴールデンウイークが終わった後の

「母の日」という、一大イベントがありますね。

 

今年、2017年の「母の日」は5月14日(日)です。

しっかり覚えておいてくださいね(笑)

 

hahanohi1-e1425603305463

 

毎年、「母の日」のプレゼント選びに

「今年は何を送ろうか?」

と、悩む人も多いのではないでしょうか。?

僕も毎年、何を送れば喜ぶのかスゴク悩みます(笑)

もう「母の日」のプレゼントは決まりましたか?

 

僕もお金がたくさんあれば、高級なジュエリーとか

買ってあげたいですが、宝くじでも当たらない限りは

ムリです(笑)

 

たぶん僕の母親は高級なジュエリーは

いらないと言うと思います。(笑)

 

いつも僕の母親は

「元気でいてくれればいい」

と、泣けることを言います。

 

でも、高価なものでなくても

何かの形で、今まで元気に育ててくれた

お礼をお母さんにしたいものですよね。

 

0cdbd078374b55ff4346275fff7ddefb_l

 

僕が子供の頃は「母の日」と言えば

カーネーションの花を近所のスーパーで

買って帰った記憶があります(笑)

母親がスゴく喜んでくれた記憶があります。

 

そもそも「母の日」とはいつから始まったのでしょうか?

 

「母の日」はもともとはアメリカで始まった慣習で

アンナ・ジャービスさんという女性の母親が

南北戦争で敵味方を問わず

負傷兵のケガの手当てをして

地域の女性を結束させたという事に対して

その功績に対して追悼式が行われました。

 

アンナ・ジャービスさんの母親の追悼式で

アンナ・ジャービスさんがカーネーションを捧げたこと

「母の日」のはじまりと言われているそうですね。

 

日本では1949年ごろからアメリカの「母の日」と同じように

5月の第2日曜日に母親の愛情や家族のために

毎日、食事や洗濯などの家事をしてくれる

母親に感謝するという日として

カーネーションを贈る「母の日」が

行われるようになったそうですね。

 




 

ところで「お母さんはどんな母の日ギフトが欲しい?」のでしょうか。?

また「平均的な母の日ギフトの予算」についても調べてみました。

 

guide_700x200

 

楽天リサーチが「お母さんがもらいたい母の日ギフト」をアンケート調査を

小学生以上の子どもを持つ20代から60代の母親500人にアンケート調査を

していましたので参考にしてみて下さいね。

 

graph_needs

やっぱり20代から60代の母親には「花とスイーツがテッパン」ですね。(笑)

僕の母親もそうですが、晩ご飯を食べに実家に行ってたくさんごちそうを食べた後

「別腹、別腹」と言って「甘いもの」を食べ始めます。(笑)

 

みなさまのお母さんの中にも僕の母親のように甘いものは「別腹」なお母さんは

いませんでしょうか。?(笑) 僕の母親には胃が2個あるみたいです。(笑)

 

そんな僕の母親みたいなお母さんにおススメの

「お花とスイーツをセットにしたプレゼント」をいくつかご紹介いたします。

楽天ランキングでも評判の良い母の日ギフトです。

ご参考にしてみて下さいね。

 

 

 

 

 

また「母の日ギフト」の平均的な予算って

気になりますよね。

 

楽天リサーチの調査では「母の日ギフト」の

平均的な予算は5000円未満

ほとんどみたいですね。

 

まあ、これくらいの予算なら

僕でも何とかなります(笑)

 

graph_budget

 

以上がおススメの母の日ギフトの

平均的な予算についてです。

 

また30~40代の若いお母さん

まだ子供が小さいお母さんが多いですから

この年代のお母さんには「手紙やメッセージカード」

喜ばれるみたいですね。

 

haha1

 

まだ小さい自分の子供が一生懸命書いてくれた

「手紙やメッセージカード」に

母親としてグッとくるのでしょうね。

「子供からの感謝の気持ち」だけで

嬉しいですもんね。

 

50代以降のお母さんになると、子供と一緒に

外食や旅行に行くことが喜ばれるみたいですね。

 

a1180_000400_m

 

もう子供も大きくなって

」一緒にいる時間が少ないですから

「子どもと一緒の時間」

何よりのプレゼントなのかもしれませんね。

 

母の日は年に1回ですが、母の日ギフトは金額ではなく

日頃、自分たちのことをいつも心配してくれるお母さんに

感謝の気持ちを言ってあげましょうね。

 

照れくさくても「いつもありがとう」の一言は

お母さんには「何よりの母の日プレゼント」かもしれませんね。

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。