先日、日本テレビで日曜日の夜19:58から放送されている

人気番組「世界の果てまでイッテQ」が高視聴率を連発している

というニュースを見ました。

 

「世界の果てまでイッテQ」と言えば

「珍獣ハンター」として人気のある

お笑いタレントのイモトアヤコさん

ブレイクのきっかけになった番組ですよね。

 

a9430eb4

 

みなさまの中にも日曜日の夜は「世界の果てまでイッテQ」を

見てイモトアヤコさんが、どんな体を張った挑戦をするのか

楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。(笑)

 

「世界の果てまでイッテQ」は、2007年から放送されている

長寿の人気番組で、その中でも人気の企画は

「珍獣ハンター・イモト ワールドツアー」です。

 

70cc98b6

 

イモトアヤコさんが「珍獣ハンター」として、世界中を飛び回って

世界各国の「珍獣」を相手に、イモトアヤコさんが過酷な挑戦をする企画で

イモトアヤコさんが、お笑いタレントとしてブレイクする

きっかけになったコーナーです。

 

「世界の果てまでイッテQ!」のDVD発売記念イベントで

イモトアヤコさんは、約9年間の番組収録を振り返って

これまでにイモトアヤコさんが、ロケで行った国は

85~6カ国と、コメントされていましたがスゴイですよね。

 

イモトアヤコさんは「珍獣ハンター・イモト ワールドツアー」で

 

「20代の全てをロケに費やした」

 

と、コメントするほど、世界各国の「珍獣」に

過酷な挑戦をするために、世界中を飛び回りました。

 

先日の放送では、なんとヒグマとの撮影に成功して

ネット上でも、「イモトアヤコの「根性」がヤバい!」

評判になりました。

 

0fa29435-s

 

僕みたいな一般の視聴者は、

「色んな国に行けていいなあ~」

と、ちょっと羨ましい気持ちもしますが

僕はイモトアヤコさんみたいに

「珍獣」に過酷な挑戦するのは、たぶんムリです。(笑)

 

世界中の「珍獣」に、体を張って過酷な挑戦する

イモトアヤコさんの「根性」はヤバいです。

「珍獣」に過酷な挑戦するのは、男だって尻込みしますよね。(笑)

 




 

そんな「根性」のある、イモトアヤコさんが

海外にも拠点を置く日本のグローバル企業の

「即戦力」として欲しい人材と言わているそうですね。

 

それは、最近の企業で大学の新卒の採用試験でも

海外要員として採用するところも多いそうですが

新入社員は、なぜか海外で働きたくないという声が

スゴく多いそうです。

 

イモトアヤコさんみたいに、世界中の、どんなところでも

「世界の果てまでイッテQ!」のスタッフの無理難題の企画に

いつも体を張ってチャレンジして、予期せぬトラブルに見舞われながらも

いつも、なんとか乗り切ります。

 

イモトアヤコさん持ち前の「根性」「バイタリティー」

困難を乗り切ってきた点が、日本のグローバル企業に

「即戦力」として欲しいと、思わせる理由みたいですね。

 

もし僕が、グローバル企業の人事部にいたとしても

イモトアヤコさんみたいな「バイタリティーにあふれた人材」がいたら

是非、「即戦力」として入社して欲しいと、オファーする思いますよ。(笑)

 

実際に、グローバル企業の人事部に、欲しいと思わせる人材は

インドやベトナムなどの、不便な発展途上の

新興国で活躍できる、「人間力」がある人材だそうです。

 

もちろん語学ができるのに、こしたことはないが

それよりも、イモトアヤコさんみたいな「バイタリティー」にあふれ

現地の文化に溶け込んで、現地の人と本音でぶつかり合えるような

物怖じしない、根性のあるイモトアヤコさんみたいな人材が理想だそうです。

 

なかなか新入社員の中に、イモトアヤコさんみたいな

「バイタリティー」と「人間力」にあふれた

「即戦力」になれそうな人材がいないみたいですね。

 

そういえばイモトアヤコさんは、歌手の安室奈美恵さんの

大ファンなのですが、毎年、安室奈美恵さんのコンサートに

行くことが、イモトアヤコさんの「モチベーション」になっています。

 

昨年2014年は、ロケから日本に帰る予定の飛行機が

突然、飛ばなくなって楽しみにしていた安室奈美恵さんのコンサートに

行けなくなってしまいイモトアヤコさんは「号泣き」していました。

その時のイモトアヤコさんが、スゴく可愛そうでした。

 

B6a2RPHCYAAgDv6

 

その時のイモトアヤコさんの記事はこちらです。

 

イモトアヤコさんには、今年こそはスケジュールに

余裕を持って、一年間仕事を頑張った「ご褒美」として

安室奈美恵さんのコンサートを、楽しんでもらいたいですね。(笑)

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。