こんにちは。

先日、仕事中に何か事件か事故でも

あったのだろうと思うのですが

パトカーが、サイレンを鳴らしながら

猛スピードで、街中を走っていきました。

 

o0320025912014678362

 

別に僕は悪い事をしているわけでは

ないのですが、パトカーを見ると

なんだか、「ドキッ!」とします。(笑)

みなさまは、いかがでしょうか。?

 

なぜ僕がパトカーを見ると、「ドキッ!」とするのか考えたら

昔、運転中にスピード違反で捕まってしまい

パトカーの後席に乗せられたことがあるので

パトカーが、トラウマになっているのかもしれません。(笑)

 

白と黒に塗装されたパトカーを見ると

「ドキッ!」とするのは、僕だけではないと思うのですが・・・(笑)

 

ところで全国的には、どうなのかよく分からないのですが

僕の住んでいる広島では

パトカーは、トヨタのクラウンが多いような気がします。

 

e27d6bdc0b

 

広島はマツダのお膝元ですから、パトカーも

マツダ車だと思っている方もいると思いますが

トヨタのクラウン以外は、あまり見かけた事がありません。

 

以前、マツダが広島県警にクリーンディーゼルエンジンの

「CX-5」の4WDのパトカーを2台提供したそうですが

残念ながら、こちらも僕はまだ見た事がありません。

 

prm1412130005-p1

 

どうやら、「CX-5」の4WDのパトカーは

冬場に特に積雪の多い、中国山地の高速道路で

「CX-5」のパトカーは、4WDの性能を活かして

広島県警高速隊で活躍しているみたいですね。

 

 

ところで世界各国では、どんなパトカーを

使っているのか気になったので調べてみたら

お金持ちが多い国として有名な、中東の国ドバイ

「ドバイ警察」のパトカーが、かなりヤバいんです。(笑)

 

もう僕たち、日本人の感覚では考えられない

高級スポーツカーが、「ドバイ警察」のパトカーとして

ドバイの街中をパトロールしてるんです。

まずは、こちらの動画をご覧になって下さいね。

 

 

「ドバイ警察」のパトカーは、「なんじゃこりゃ!」

言うくらい、スゴい高級スポーツカーばかりですね。

さすがお金持ちの国ですね。

「ドバイ警察」も、お金持ちです。(笑)

 

そんな、お金持ちの国ドバイでは

みなさんが普段の足として

ふつうに高級スポーツカーに乗って

買い物やコンビニに行くんでしょうか?

 

ということは、犯罪者も高級スポーツカーに

乗っている可能性が高いと思いますから

追跡するためには、パトカーも高級スポーツカーでないと

犯罪者の車に追い付けませんよね。

 

しかし高級スポーツカーの展示会かと思うくらい

「ドバイ警察」の高級スポーツカーの

パトカーには、もう笑うしかないですよね。(笑)

 

高級スポーツカーのパトカーだらけの

「ドバイ警察」のパトカーの中でも

一番ヤバい、高級スポーツカーのパトカーは

「ブガッティ・ヴェイロン」のパトカーです。

 

grhjyyjyuryutyut65757

 

「ブガッティ・ヴェイロン」は車両価格が約2億円もする

世界でも最も高価なスポーツカーなんです。

 

エンジンは、8000ccのW16気筒エンジン

ターボを付けていて最大出力は1200馬力という

とんでもないパワーの車です。

 

569907f7

 

また、ご存知の方もいるかもしれませんが

「ブガッティ・ヴェイロン」はお金を持っていても

買えない事がある車としても有名です。

 

なぜかというと「ブガッティ・ヴェイロン」を買おうとすると

ブガッティ社の審査があるんです。

車を買うのに審査があるって、聞いたこともない方が

多いのではないでしょうか。?なんだか住宅ローンみたいですね。(笑)

 

そんな「ブガッティ・ヴェイロン」を所有している日本人で

有名な人は、大物タレントのビートたけしさん(69歳)です。

ビートたけしさんは、車好きとしても有名ですもんね。

 

09df1f59

mig

 

ビートたけしさんの「ブガッティ・ヴェイロン」の記事はこちらです

 

「ドバイ警察」のパトカーは、ほとんどのパトカーが

時速300kmを超えるスピードで走行できますから

スピード違反をした時に、「ドバイ警察」のパトカーを振り切って

逃走することは、止めた方がイイです。まずムリです。(笑)

 

しかし僕が不思議に思ったのは、「ドバイ警察」のパトカーで

犯罪者を逮捕した時、「ブガッティ・ヴェイロン」のパトカーは

乗車定員が2名なんですが、どうやって犯罪者を

「ドバイ警察」に連行するのでしょうか。?「謎」です。(笑)

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。