こんにちは。

モデルで女優のすみれさん(25歳)が、昨年2015年に話題になった

ハリウッド映画「The Shack」で、大役の「精霊サラユー」を演じた

撮影を終えて、シュガーレスガム「リカルデント」シリーズ

リニューアル発表会ために、日本に帰国したというニュースを見ました。

 

sumire

 

昨年2015年に、すみれさんがハリウッド映画「The Shack」で

大役の「精霊サラユー」を演じることが決まった時は

すみれさんが、ハリウッド女優として活躍することを

期待されて、マスコミでも大きく取り上げられました。

 

1_rect521

 

すみれさんの「ハリウッド女優進出」の記事はこちらです。

 

僕は、個人的に健康的な小麦粉の肌

いつも明るくて、スタイルも抜群な

すみれさんは、大好きな女優さんの一人です。

 

002

 

みなさまもご存じだとは思いますが

すみれさんのお父さんは俳優の石田純一さん(62歳)で

お母さんが女優の松原千秋さん(58歳)という

美男美女カップルですから、すみれさんは

まさに「サラブレッド」なので、可愛いのも当然です。(笑)

 

mig

 

しかし、石田純一さんと松原千秋さんが離婚してしまって

すみれさんは、7歳の時から19歳まで

ハワイで育っていますから、英語もペラペラですし

アメリカンな、フレンドリーな性格なので

僕は、すみれさんには親近感が、すごくあります。

 

11252897_900864363288762_748071726_n

 

今回の、シュガーレスガム「リカルデント」シリーズの

リニューアル発表会では、すみれさんは

久しぶりの日本での、公の場でのコメントで

少々、緊張気味だったみたいですね。(笑)

 

 

すみれさんが、大役の精霊サラユーを演じる、映画「The Shack」は

11月から全米で公開予定だそうですが

すでに次期アカデミー賞候補

挙げられているほどの名作みたいですね。

 

映画「The Shack」は、全米で約400万部売れて

世界で、約1000万部以上売れた、大ベストセラー小説を

映画化した作品です。

 

 

この映画「The Shack」は、人が何かを失ったり

苦境に陥ったときに、どうやって乗り越えるのかという

深イイ話のヒューマンドラマに仕上がっていて

泣ける映画だそうですが、映画「The Shack」の

日本での公開が楽しみですね。

 

すみれさんは、映画「The Shack」の撮影の中で

映画「アバター」でブレイクした

主役のサム・ワーシントンさん(39歳)や

Dramanavi_026560_1_s

 

アカデミー賞助演女優を受賞したこともある

ヒロインを演じた、女優のオクタヴィア・スペンサーさん(45歳)からも

12859636

 

女優として、すごく刺激を受けたみたいですね。

 

映画「The Shack」の撮影で、すみれさんは

ハリウッド映画で成功するためには

「もっと演技力に磨きをかけなきゃ!」と、思ったみたいで

ハリウッドでの現時点の成果について

 

「100点中1点ですよ!もう、まだまだ、まだまだ!

帰国すると「世界で活躍を!」とか、よく言われるのですが

私はまだまだヒヨッコ。いや、もっと。幼いヒヨッコ、ベイビーです」

 

と、すみれさんらしい、とても謙虚なコメントをされたそうですが

それくらいハリウッド映画で、女優として成功するのは

僕たちが考える以上に、ヤバい事なんでしょうね。

 

すみれさんは、映画「The Shack」の撮影のために

それまでレギュラー番組だった、TBSで放送されている

人気料理バラエティ番組「新チューボーですよ!」

卒業して、ハリウッドに乱入しました。

 

222121_400

 

すみれさんは、「新チューボーですよ!」を卒業する時に

MCの堺正章さん(69歳)に、「大スターになる!」

宣言して、番組を卒業しています。

 

今のすみれさんは、まだまだ自分の演技が

ハリウッド映画で通用するという自信が

すみれさんは、まだ持てないんでしょうね。

 

ハリウッド映画は、そんなに甘い世界ではないということが

分かっただけでも、すみれさんにとって

映画「The Shack」に出演した成果があったと

僕は思いますよ。

 

j0OQs4K3gt2C6kRTQ0Y1NTM4Fgk

 

身長175センチで、スタイルも抜群な

「アジアンビューティ」な、すみれさんですが

映画「The Shack」で演じる「精霊サラユー」役は

11月に公開されたときに、すみれさんは

全米で話題になると、僕は思います。

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。