こんにちは。

ニュースで、F1ドライバーのルイス・ハミルトンさん(30歳)が

モナコで、愛車パガーニ・ゾンダを運転中に、コントロールを失い

停車している車に、衝突事故を起こしたと報道されていました。

 

100508int4

 

幸いにも、ルイス・ハミルトンさんに、ケガはなく

愛車のパガーニ・ゾンダが、衝突したために

破損したそうですが、ケガ人がいなくて

本当に良かったですね。

 

なんでもルイス・ハミルトンさんは、F1ドライバーとして

世界中を転戦していますが、ハードスケジュールのため

かなり疲れていて、体調不良もあり、愛車パガーニ・ゾンダを運転中に

疲労で、居眠り運転をしていた可能性が高いみたいですね。

 

僕も経験がありますが、スゴく疲れている時に

車の運転をすると、「注意力」「判断力」

落ちているため、「ヒヤッ」と、したことが何度かあります。

 

menu01-003_img01

 

ちなみに日本の交通違反点数制度では

「過労運転」の場合は、「25点」の減点

運転免許も「一発取り消し」になりますし、「刑事罰」もあります。

 

みなさまも、体調が悪い時や、疲れている時には

事故を起こしたら、ヤバいですから

車の運転は、控えて下さいね。

 

ちょっとルイス・ハミルトンさんの経歴を簡単にご紹介しますね。

出身地はイギリスで、8歳の頃からレーシングカートに

乗り始めています。何の世界でも幼い頃から英才教育を

受けてきた人は、成功しますよね。

 

l_hamilton_garage_l5

 

ルイス・ハミルトンさんが、F1デビューしたのは

2007年のオーストラリアGPの第1戦です。

 

当時は「マクラーレン・メルセデス」に所属していて

「F1史上初の黒人ドライバー」として

世界中から注目を集めました。

 

2008年には「史上最年少」で、F1のワールドチャンピオンを獲得して

世界的なF1ドライバーとして、ルイス・ハミルトンさんは有名になりました。

 

 

しかし、今回の衝突事故で壊れてしまった

ルイス・ハミルトンさんの愛車のパガーニ・ゾンダは

とんでもなく、ヤバい価格の車で、約2億8,000万円もする

超高級スーパースポーツカーなんです。

 

hamilton

 

ルイス・ハミルトンさんの愛車パガーニ・ゾンダの

事故で破損した程度は不明ですが、どちらにしても

とんでもないくらいの、ヤバい金額の修理費用が、かかるのでしょうね。

 

ルイス・ハミルトンさんが、事故を起こした時に

車の修理費用が保険で出る「車両保険」に

加入していたのかどうか、気になります。(笑)

 

ルイス・ハミルトンさんの愛車パガーニ・ゾンダは

イタリアの超高級スーパースポーツカーで

1999年 から 2010年まで製造されていました。

見た目は、まさしく「レーシングカー」ですよね。

 

Pagani_Zonda_760_LH_Lewis_Hamilton_Monaco_07_800_600

 

世界中のセレブの人の要望によって

世界に1台だけの「オーダーメイド」で作られた

パガーニ・ゾンダは、多く存在します。

 

ルイス・ハミルトンさんの愛車パガーニ・ゾンダは

「760LH」と呼ばれる特別仕様車で

ボディはカーボンファイバー製のパーツで覆われていて

ボディカラーは「パープル」で、かなり派手な車に仕上がっています。

 

pagani-zonda-lewis-hamilton_01

 

またベースのパガーニ・ゾンダは、「セミAT」ですが

仕事で乗っているF1マシンが、パドルチェンジなので

ルイス・ハミルトンさんは気分を替えるために

「MT」仕様にしたそうです。

 

エンジンは、メルセデスAMG製のV12気筒エンジン

パワーは760馬力もある、「バケモノ」のようなエンジンです。

 

5ee02d71

 

こちらの動画で、パガーニ・ゾンダのレーシングカー並の

走りを、ご覧になって下さいね。

 

 

でも、こんな約2億8,000万円もする超高級スーパースポーツカーの

パガーニ・ゾンダを所有できるルイス・ハミルトンさんの「年収」って

いくらくらいなんでしょうか。? 気になりますよね。(笑)

 

長者番付で有名なアメリカの経済誌「フォーブス」

「スポーツ選手長者番付」で、ルイス・ハミルトンさんは

今年2015年は15位に、ランクインしています。

 

ルイス・ハミルトンさんの今年2015年の「年収」は

3,900万ドル(約48億2.079万円)だそうです。!

ルイス・ハミルトンさんは、「年収」もヤバいです。(笑)

 

323c0025

 

しかし、いくら年収があっても、疲労で事故をして

ケガをしたりするとマズイですから、ルイス・ハミルトンさんには

ゆっくりと休養をとってから、レースに臨んで頂きたいです。

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。