TBSで毎週日曜日の夜9時から放送されている

連続ドラマ「下町ロケット」が、絶好調らしいですね。

 

Aol_celebrity_shitamachirocket_1

 

ドラマ「下町ロケット」は、スタートした時から、高視聴率が続いていて

最高視聴率が18.6%という、テレビ局の関係者からしたら

まさしく「オバケ番組」になりそうな、勢いらしいですね。

 

最近のTBSの、大ヒットドラマといえば

2013年7月から2013年9月まで放送された

俳優の堺 雅人さん(42歳)主演の「半沢直樹」です。

僕も、毎週楽しみに見ていました。(笑)

 

056cf_58_313630

 

ドラマ「半沢直樹」は主演の堺 雅人さんの

 

「やられたらやり返す。倍返しだ!」

 

という、堺 雅人さんのセリフが、流行語にもなって

最終回の平均視聴率が、関東地区で42.2%という

とんでもない「オバケ番組」として人気でした。

 

しかし、ドラマ「下町ロケット」は「半沢直樹」と

同一スタッフによる作品で、ドラマ「半沢直樹」の

高視聴率を抜く可能性もありそうですね。

 

主演は身長189cmのイケメン俳優の阿部寛さん(51歳)で

もちろん主演の阿部寛さんの佃航平役もカッコイイです。

 

ef1969cefa518cb1ddbbdd5903f5ac8a

 

しかし僕は、ミュージシャンで俳優の吉川晃司さん(50歳)の

演技が「シブ過ぎ」て、かなりヤバいと思います。

 

news_20150918_04_01

 

 

吉川晃司さんは、ドラマ「下町ロケット」の中では

帝国重工という会社のロケット開発プロジェクトを

推進する財前部長役を演じますが、

ドラマ「下町ロケット」の中では

吉川晃司さんは「悪役」です。(笑)

 

maxresdefault

 

ちょっと、吉川晃司さんの経歴を簡単にご紹介してみますね。

 

OSK201306080136

 

ご存知の方も多いと思いますが、吉川晃司さんは

出身地が僕の住んでいる広島なんです。

 

吉川晃司さんも広島に帰省したときは

バリバリの「広島弁」に戻ってしまうそうですね。(笑)

 

地元が同じ広島というだけで、有名人の吉川晃司さんに

妙な「親近感」を覚えてしまうのは、僕だけでしょうか。?(笑)

 

吉川晃司さんは広島では有名な名門校の

「修道学園」に通っていました。

「修道学園」は、かなり競争率の高い学校なのですが

吉川晃司さんは、頭が良かったんですね。

 

修道学園で吉川晃司さんは、「水球」をしていて

50歳になったとは思えないほど、今でも

吉川晃司さんの身長182センチのカッコイイ

「上半身逆三角形」のスタイルの原点になっているみたいです。

 

「水泳」とか「水球」をしていた人は

上半身が、ヤバイほど「逆三角形」ですよね。

僕は「上半身逆三角形」のスタイルに

スゴく憧れます。(笑)

 

修道学園で、「水球」をしていた吉川晃司さんは

名門校の「修道学園」を、なぜか中退しています。

 

その理由は、ミュージシャンの佐野元春さん

コンサートを見に行って、当時の吉川晃司さんは

ヤバイほどの「カルチャーショック」を受けて

「水球」から「音楽」に、吉川晃司さんは、方向転換しました。

 

両親の大反対を押し切って、「音楽」で生きていこうと

決心した吉川晃司さんは、1984年にデビュー曲「モニカ」

歌手としてデビューして、デビュー曲「モニカ」は大ヒットしました。

 

20150206_teru_25

 

吉川晃司さんは、カッコイイルックスと

激しく腰を振る「ダンス」が、特徴で

次々に、ヒットシングルをリリースして

当時は、女性ファンにモテモテでした。

 

吉川晃司さんは、性格的に、かなり「頑固」

自分の信じる「音楽」や、生き方を、これまで貫いてきました。

 

反骨精神が強く、型にはめられるのが大嫌い

吉川晃司さんは、「反逆のアイドル」とか

「孤高のロッカー」と、呼ばれていたこともあります。

 

若いころの吉川晃司さんは、けっこう、ムチャばかりしていて

ケンカっ早かったため、芸能界の「ケンカ最強伝説」

飛び出すほど、ヤンチャでムチャばかりでしたが

そういう吉川晃司さんの「不良」っぽいところ

女性ファンの心を、つかむんでしょうね。(笑)

 

そんな、吉川晃司さんの「不良」っぽいところを物語るのが

吉川晃司さんの愛車フェラーリ「テスタロッサ」です。

この車は、本当にヤバイんです。(笑)

 

5122

 

ご存知のように「フェラーリ」といえば

誰もが憧れる、イタリアのスーパースポーツカーメーカーです。

 

吉川晃司さんの愛車フェラーリ「テスタロッサ」は

バブル期全盛の時代には、中古車市場でも

ヤバイほどの、値段がついていた車です。

 

しかし吉川晃司さんは

「フェラーリは乗ってナンボ」(笑)

という考え方なので、愛車フェラーリ「テスタロッサ」は

もったいない事に、キズだらけで「ボコボコ」なんだそうですね。(笑)

 

愛車フェラーリ「テスタロッサ」が「ボコボコ」になっても

あまり気にしない吉川晃司さんは「男前」です。(笑)

 

b981ab91

 

ドラマ「下町ロケット」で、俳優として高い評価を受けている

吉川晃司さんの演技を、毎週日曜日の夜9時には

テレビの前で、スタンバイして見ようと思います。(笑)

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。