こんにちは。

国民的な、大物お笑いタレントの「お笑い怪獣」こと

明石家さんまさん(60歳)は、知らない人は

いないと思いますが今年の7月1日に

めでたく?60歳の誕生日を迎えたそうですね。

 

49723_200711160166897001195184627c

 

そうなんです。明石家さんまさんも

ついに「還暦」を迎えてしまいました。

「赤いちゃんちゃんこ」を明石家さんまさんも

着なければいけない年齢なのです。(笑)

 

「還暦」とは日本独自のお祝い事で昔は「魔除け」の意味で

赤ちゃんの産着に赤色が使われていたために

「生まれた時に帰る」という意味で60歳を迎えた人に

「赤いちゃんちゃんこ」を贈ことが定番となっています。

 

 

とても明石家さんまさんは「還暦」の60歳には見えませんよね。

テレビ番組で見ない日はないくらいの明石家さんまさんは

その軽妙なトークで番組を盛り上げて、ギャグのセンスは

衰え知らずですよね。

 

今年還暦を迎える有名な芸能人では

 

所ジョージさん(1月26日生まれ)

tokorojyo-ji

 

郷ひろみさん(10月18日)

hiromigo

 

西城秀樹さん(4月13日)

geo15041115530018-p1

CCiZFv6UgAAyr2o

以上が主な還暦を迎える有名な芸能人です。

 

特に西城秀樹さんは以前、自分のCMで使われていた

フレーズに合わせて

「ヒデキ、カンレキ―!」(笑)

と、マスコミのインタビューにコメントしていましたよね。

 

明石家さんまさんも西条秀樹さんに負けずに

「さんま、カンレキ―!」

と、テレビ番組の中でギャグを飛ばしていました。(笑)

 




 

約2年前に放送されたフジテレビの「FNS27時間テレビ」の

人気コーナー「さんま中居の今夜も眠れない」の番組の中で

明石家さんまさんは「60歳で引退」することを

コメントしたそうですが、もし本当に明石家さんまさんが

「60歳で引退」すると、ヤバい事になります。

 

hqdefault (1)

 

明石家さんまさんが、もし本当に60歳で引退すると

「テレビ局の関係者」が、一番ヤバいでしょうね。

 

明石家さんまさんのレギュラー番組は

現在、数多くありますが、どの番組も視聴率は

かなりの数字を出しています。

例えば主な明石家さんまさんのレギュラー番組の

 

「踊る!さんま御殿!!」 (日本テレビ)

2014-06-10 1956[20140611-1646200]

 

「ホンマでっか!?TV」 (フジテレビ)

20110709_800688

 

これらの番組では、明石家さんまさんは

平均して視聴率10~14%の二桁を出していますから

テレビ局の関係者にとっては明石家さんまさんの

「60歳で引退説」は、「死活問題」でヤバいです。

 

また、明石家さんまさんが所属する吉本興業さん

明石家さんまさんの「60歳で引退説」に

ヒヤヒヤして、ヤバいそうですね。

 

hqdefault

 

「週刊女性PRIME」の記事によると

吉本興業の売上のなんと「8分の1」

明石家さんまさんが、稼いでいるそうです。

 

明石家さんまさんの「60歳で引退説」で

一番ヤバイのは、吉本興業さんかもしれませんね。

 

しかし、明石家さんまさんは

「60歳で引退説」を撤回したそうです。

その理由は、いくつかあるみたいです。

 

まず、ひとつには、周囲からの辞めないで欲しいという

「懇願」が明石家さんまさんに、引退を思い留めさせたそうですね。

周囲の人や、先輩芸人さんたちから、明石家さんまさんは

 

・「みんなが「やめないでくれ」「そういうこと言うな」って」

 

・「鶴瓶兄さんにも「冗談でもそういうこと言うなよ」って怒られた

 

と、周囲の人や、先輩芸人さんたちから言われたことが

明石家さんまさんが「60歳で引退説」を撤回した

大きな要因みたいです。

 

それと「60歳で引退説」を撤回したもう一つの理由は

明石家さんまさんは、後輩芸人にチャンスを与えよう

考えていたみたいですね。

 

確実に視聴率の取れるベテランの明石家さんまさんが

このままテレビ番組に出続けると、若手のお笑い芸人さんに

チャンスが、なかなか巡ってこないと考えていたそうです。

後輩思いの「深イイ話」ですよね。(笑)

 

そして、明石家さんまさんが「60歳で引退説」を撤回した

決定打になったのは、爆笑問題の太田光さんの言葉だったそうです。

 

60002_2

 

太田光さんから

 

「今やめたら格好良すぎるから。

落ちていくところを我々後輩に見せる義務がある。」

 

という言葉に明石家さんまさんは

「60歳で引退説」を撤回することを

心に決めたそうです。

 

hqdefault (2)

 

「落ちていくところを我々後輩に見せる義務」がある

明石家さんまさんですが、落ちていくどころか

ますます「絶好調」で上がって行っている気がするのは

僕だけでしょうか。?(笑)

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。