こんにちは。

以前、テレビ朝日の「しくじり先生」に出演して

「人からの頼みごとを断れない性格」で、しくじった

過去を告白した「ゴーストライター騒動」新垣隆さん(44歳)が

ゴキブリ退治の「コンバット」のCMに出演していますね。

 

maxresdefault

 

こちらが新垣隆さんの華麗なピアノの演奏が話題の

ゴキブリ退治の「コンバット」のCMです。

 

 

 

 

やっぱり、新垣隆さんのピアノは上手いですね。

新垣隆さんは「即興」でピアノを使って

曲が作れますからヤバいですよね。(笑)

 

話は変わりますが、最近、新垣隆さんは「天才少年」と

言われていた少年時代から、自分が「ゴーストライター」を

していた時代についての事を書いた「音楽という〈真実〉」という

新垣隆さんの自叙伝的な本を出版されたそうです。

 

 

「断れない性格」の新垣隆さんは

現在は「ゴーストライター」をしていた時より

仕事が忙しいそうです。(笑)

 

僕が個人的に「断れない性格」の新垣隆さんの

性格を感じたのは、以前、日本テレビで放送された

「ガキの使いSP絶対に笑ってはいけない」という番組です。

 

「ガキの使いSP絶対に笑ってはいけない」の番組の中で

新垣隆さんは、なんと「鼻クワガタ」をしていました。(笑)

 

きっと、「鼻クワガタをしてほしい」と番組の

スタッフに言われて断れなかったんでしょうね。(笑)

 

706x387x745b45918622a9701324aff9

 

「鼻クワガタ」は相当に痛いはずですが

新垣隆さんは「鼻クワガタ」の激痛

無表情で耐えていました。(笑)

 

新垣隆さんは「鼻クワガタ」はネット上でも話題になって

「新垣隆さん、仕事選んだ方がいいんじゃない。?」(笑)

という意見が、かなりあったそうです。

 

世間を騒がせた新垣隆さんの

「ゴーストライター騒動の映画化の話」

新垣隆さんの「LINEスタンプ」(笑)が登場したりして

今、新垣隆さんは「プチブレイク」しています。(笑)

 

CIb2cs3UYAAnxKA

「断れない性格」の新垣隆さんは

仕事が以前より増えて、現在の収入については

「おかげさまでゴーストライターをやってたときより増えています」

と正直にコメントされていました。(笑)

 

 

 

 

新垣隆さんがゴキブリ退治の「コンバット」のCMに

出演していますが、気温と湿度が上がって暑くなる

この時期は「ゴキブリ」と格闘するシーズンの到来です。(笑)

 

ss303

 

「ゴキブリ」が好きな人は、あまりいないとは

思いますが、あの「黒光り」する「ゴキブリ」が

部屋の中に出没すると「パニック」になりますよね。(笑)

 

しかも「ゴキブリ」の動きはメチャクチャ早いので

「ゴキジェットプロ」などの市販の殺虫剤で

やっつけようとしても「ゴキブリ」の動きに追い付けません。(笑)

「ゴキブリ」は「ターミネーター」みたいですね。(笑)

 

ilm07_ba06012-s

 

 

「ゴキブリ」はの弱点は「寒さ」「乾燥」だそうですね。

冬にゴキブリが少くなるのはこのためです。

 

「ゴキブリ」はマイナス5度からマイナス10度以下

気温になると、死んでしまうらしいです。

 

逆に「ゴキブリ」は「気温が28度くらい」

「ある程度の湿度のある場所」を好むそうです。

気温が上がると「ゴキブリ」が増えるのは、このためです。

 

 

でも家の中の気温をマイナス5度から

マイナス10度には出来ませんよね。(笑)

人間も、この気温ではヤバいです。(笑)

 

「ゴキブリ対策」の基本は「ゴキブリ」の侵入を防ぐために

「通風口」や「換気扇」などの風を通す穴や

上下水道に通じる穴などの

「家の全ての穴をふさぐ事」だそうです。

 

20131130_1

 

しかし「家の全ての穴をふさぐ事」って大変ですよね。

 

もっと手軽に「ゴキブリ対策」が出来ないものか

今、オススメの「ゴキブリ対策グッズ」を「楽天ランキング」で

調べてみました。参考にしてみて下さいね。

 

RIDDEX」

アメリカ製の「ゴキブリ対策グッズ」で

アメリカの「TVショッピング」で800万台も売れた

優れものの「ゴキブリ対策グッズ」みたいです。

 

 

 

「ゴキちゃんグッバイ」

大手居酒屋チェーン店で「ゴキちゃんグッバイ」の

効果を調べたところ、ゴキブリの駆除率が

なんと94.7%という「ゴキブリ対策グッズ」です。

 

 

以上が、楽天ランキングでレビューの多い

「ゴキブリ対策グッズ」です。

「ゴキブリ退治」に役立てて頂ければと思います。

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。