こんにちは。

「美人すぎるビール売り子」として話題になって

最近はテレビ番組にもよく出ている

タレントのおのののかさん(23歳)は

みなさまもご存知ではないでしょうか。?

 

original

 

おのののかさんは芸能界にデビューするまでは

東京ドームでビールの売り子さんのアルバイトをしていました。

 

おのののかさんは、そのカワイイ、ルックス

東京ドームでのビールの売り子さんのなかで

「トップ売り子さん」になって今や「伝説」になっています。

 

64a7f6e5932c47ed6c354fe07e430984

 

おのののかさんが「伝説の売り子」になった理由は

驚異的な、おのののかさんのビールの販売数です。

 

平均的な売り子さんが1日100杯前後の販売数なのですが

おのののかさんの最高記録は、なんと1日400杯

ビールを売っています。!

おのののかさんの1日400杯はまさに「伝説的な販売数」です。

 

おのののかさんは「伝説の売り子」の当時は

1日に3時間の売り子のアルバイトを週に3日して

月に約30万円のアルバイト収入があったそうです。

 

おのののかさんのアルバイト代は時給換算すると

なんと約8000円の時給です。!スゴイですよね。!

時給8000円のアルバイトって、なかなか有りませんよね。(笑)

 

おのののかさんの「伝説の売り子」時代の

販売テクニックがヤバ過ぎなんです。(笑)

 

販売の仕事をしている人には

すごく参考になりますよ。(笑)

 

153

 

 

そのおのののかさん「販売テクニック」

簡単にご紹介いたしますね。

 

(担当エリアのお客さんの動きを見逃さない)

 

・自分の担当エリアのお客さんの行動を

担当エリアの色々な場所から観察して

ビールを頼みそうなお客さんを見逃さないようにする。

 

・自分からビールを買ってくれたお客さんを覚えておいて

ビールを飲むペースを把握して、そろそろ、お代わりを

頼みそうな時間になると近くに行ってスタンバイする。

 

(お客さんに自分を覚えてもらうために自分を目立たせる)

 

・自分の「名札」「手描きのPOP」等を加えて自分を目立たせる。

 

・髪飾りに「球団のキャラクター」等をつけて自分を目立たせる。

 

・タオルを首に巻くときも「球団カラー」と合わせて

巻き方も工夫して目立つ巻き方にする。

 




 

(お客さんを自分のファンにして販売効率を高める)

 

・重さが15~18キロの重たいビールサーバーを背負うため

あちこち歩きまわると体力が持たないので

広く歩きまわらないようにする

 

・ビールを頼んでくれたお客さんの周りの観客にも

「今、ビールのタンクを替えてきたばかりだから、新鮮ですよ!」

と、5メートル四方のエリアの他の観客にも明るく元気にアピールする。

 

・お客さんにビールを販売するときは必ず自分の宣伝をして

「またあの売り子さんから買いたい」とお客さんに

自分のファンになってもらえるようにする。

 

 

以上が「伝説の売り子」おのののかさんの「販売テクニック」です。

販売の仕事の人には、すごく 参考になりますよね。(笑)

 

 

おのののかさんの「販売テクニック」は専門的な言葉で言うと

「ドミナント戦略」というそうです。

ちょっと難しそうな言葉ですよね。(笑)

おのののかさんは「ドミナント戦略」を勉強していたのでしょうか。?

 

 

page_img36

「ドミナント戦略」とは「コンビニ」の出店計画などで

よく使われるそうなのですが簡単に言うと

出店する地域を絞って、その地域内に集中して

店舗を出店することを「ドミナント戦略」と言います。

 

「ドミナント戦略」のメリットは

 

・地域内でのシェアを拡大出来るため

競合する店舗の出店意欲を抑える効果がある。

 

・バラバラに出店するよりも経営効率が上がり

そのエリアの顧客を独占することが可能になる。

 

・集中して出店することで物流費の削減効果

広告宣伝費も削減出来る。

 

以上が「ドミナント戦略」のメリットです。

 

おのののかさんの「販売テクニック」は、まさに「ドミナント戦略」と

同じで、自分の担当エリアの中で集中的にファンを増やします。

 

お客さんから「あの売り子さんから買いたい」という気持ちに

させた事が、おのののかさんが「伝説の売り子」になった

秘訣だったみたいですね。

 

もちろん、おのののかさんのカワイイ、ルックス

「伝説の売り子」になった理由の一つです。(笑)

 

G20140521008201740_view

 

販売の仕事をしている人は「伝説の売り子」となった

おのののかさんの「販売テクニック」を参考にされてみては

いかがでしょうか。「伝説」が作れるかもしれませんよ。(笑)

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。