こんにちは。

先日、小学校時代からの同級生の一般女性と電撃結婚した

サッカー日本代表DFで現在はドイツ1部リーグ「シャルケ」に所属する

内田篤人選手(27歳)が話題になっていますね。

 

img_acc2f112c44e687ca39e035185f9a267244731

 

内田篤人選手は以前から度々、「結婚願望」について

言葉にしていたそうですが、約2年半の交際を経て

人生の中の大事な「結婚」にゴールインをした

内田篤人選手と奥様、ご結婚おめでとうございます。

 

お相手の一般女性はスポーツ報知の記事によると

「周囲への気遣いができ、裏表のない性格が印象的な女性」

「人目を引くほどの美人」だそうですね。

 

E58685E794B0E7AFA4E4BABA

 

ただ内田篤人選手は結婚相手の女性が一般女性なので

「彼女や周りの方々への取材活動はお控えくださいますよう

何卒ご理解の程宜しくお願い致します」とマスコミに

お願いされたそうですね。内田篤人選手は優しいですね。

 

内田篤人選手はサッカー日本代表選手の中でも

「イケメン選手」として女性ファンから絶大な人気がありますよね。

内田篤人選手の女性ファンのことを「ウギャル」と呼ぶそうですね。(笑)

 

main

 

内田篤人選手は2014年に「恋人にしたい日本代表選手」

サッカーポータルサイト「サッカーキング」が発表したところ

「恋人にしたい日本代表選手」でぶっちぎりの1位でした。

まさに内田篤人選手は「サッカー界のアイドル」ですね。(笑)

 

scc1007121215006-p1

 

やっぱり女性は「イケメンが大好物」ですよね。(笑)

僕は決してイケメンではありませんので

イケメンの内田篤人選手が羨ましいです。(笑)

 

また「1万部売れればヒット」と言われるカレンダー業界では

昨年2014年の内田篤人選手の等身大のカレンダーの売上は

尋常ではなかったみたいで約25万部を売り上げてニュースにもなりました。

 

41FwZ-YqjWL._SY344_BO1,204,203,200_

 

また女性向け雑誌「an・an」ではイケメンの内田篤人選手が

表紙を飾ると、売り上げが激増したそうですね。

 

1389356_1475347972754887_2095819080_n

 

 

やっぱり女性向け雑誌は表紙を飾る人の人気で

売上が変わるそうですね。

タレントのローラさんも女性向け雑誌の

表紙を飾ると売り上げが激増するそうですね。

 

 

 

 

 

サッカー界のアイドルの内田篤人選手の電撃結婚に

内田篤人選手の女性ファンの「ウギャル」からネット上の

ツイッターなどに「ウギャルの悲鳴」が相次いだそうですが

その内容が失礼ながら笑える「つぶやき」がたくさんありました。(笑)

 

ネット上の「ウギャルの悲鳴」をご紹介したいと思います。

 

・「うっちー結婚やって何事!!! 叫びまくった死ぬあーーーーー!」(笑)

・「明日、うっちー結婚するから会社休みます!」(笑)

・「うっちーが結婚しないという幻想は、うっちー砕かれてしまったか!」(笑)

・「うちの母親がショックで料理ができなくなりました。」(笑)

 

以上が「ウギャルの悲鳴」の主なものですが笑ってスイマセン。(笑)

「ウギャル」の気持ちは僕はよく分かるつもりです。(笑)

 

また内田篤人選手は関連グッズも、たくさんあるみたいで

「フチ田篤人」というグッズがあるそうですね。(笑)

 

news_155512_1

 

「フチ田篤人」とはグリコの「Bitte」を買うと抽選

内田篤人選手と「コップのフチ子」がコラボした

フィギュア「フチ田篤人」が当たるというものです。

 

内田篤人選手の女性ファンの「ウギャル」なら

喉から手が出るほど欲しいグッズですよね。

 

「フチ田篤人」が欲しくてグリコの「Bitte」を

たくさん買ってしまった「ウギャル」も多いのではないでしょうか。?(笑)

 

 

結婚式の予定については内田篤人選手はマスコミに対して

「タイミングをみて行おうと思っています」とコメントされていましたが

内田篤人選手の結婚式の時もマスコミが殺到するでしょうね。

 

内田篤人選手は結婚後について

「これまで以上に責任感を持ち、男として、またサッカー選手として

さらに成長出来るよう頑張っていきます」

と、男気のあるコメントされています。

4546

 

内田篤人選手は「結婚」にゴールインしましたから

今後は本業のサッカーで、たくさんゴールを決めてほしいですね。

僕も内田篤人選手の活躍を応援させて頂きます。

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。