こんにちは。

僕の趣味は「ジョギング」と「釣り」なのですが

デイリースポーツで気になる「釣り」のニュースを見てしまいました。(笑)

 

「釣り好き」で有名な俳優の松方弘樹さん(72歳)が

沖縄の石垣島沖で自己最高記録の

約361キロもの巨大マグロを釣り上げたそうですね。

おめでとうございます。パチパチパチ(拍手!)(笑)

 

20150527-00000049-dal-000-view

 

ニュースの中でもう一つビックリしたのは

松方弘樹さんが72歳と聞いてビックリしました。(笑)

 

20070825212241

 

お世辞を言うつもりはないですが松方弘樹さんが

72歳には、とても見えないです。(笑)

 

記事によると松方弘樹さんは友人と石垣島沖に

マグロ釣りに行っていて日が沈んだ午後7時ごろ

波照間の西付近で巨大マグロがヒットしたそうです。

 

松方弘樹さんは巨大マグロと約6時間半もファイトして

深夜の午前1時半ごろまでかかって見事に約361キロもの

巨大マグロ釣り上げたそうです。!

 

1622

 

約361キロもの巨大マグロもスゴイですが

巨大マグロと約6時間半も戦った

72歳の松方弘樹さんの「体力」もスゴイですね。(笑)

 

余談ですが僕の知人にも松方弘樹さんみたいに

マグロ釣りが好きな人がいます。

 

その人が言うにはマグロを釣るときは

「そのマグロの体重分の時間が釣り上げるのにかかる」

という話を聞いたことがあります。

 

10キロのマグロだったら釣り上げるのに

10分の時間が、かかるそうです。

 

つまり今回、松方弘樹さんが釣った約361キロの

巨大マグロだったら釣り上げるのに約361分の時間が

かかる計算になります。

 

今回、松方弘樹さんは約6時間半かかって

釣り上げていますから、僕の知人の話は

かなり的を得ていますよね。(笑)

 

 

 

 

ご存知の方も多いとは思いますが

松方弘樹さんの趣味は「釣り」です。

しかも僕みたいに小さなキスやカレイを釣るのと違って

松方弘樹さんは「大物マグロ」を狙っています。

 

08tusima0229 0311

 

 

松方弘樹さんは特に「マグロ釣り」が好き

山口県の萩市の約50kmの沖合いに浮かぶ

「見島」という島で毎年行われる「萩クロマグロトーナメント」

2008年と2009年の2年連続で優勝しています。

 

1623

 

「萩クロマグロトーナメント」が行われる「見島」の沖の

「八里ヶ瀬」と呼ばれる海域周辺には松方弘樹さんが狙っている

巨大クロマグロが回遊する日本有数の好漁場のひとつと言われていて

毎年、秋から冬場になると、巨大クロマグロが回遊するそうです。

 

img2013_file

 

テレビ番組でも特番で年に何回か放送されている

みなさまにも、おなじみの青森県の「大間」

巨大クロマグロの好漁場として有名ですよね。

 

「萩クロマグロトーナメント」で2連続優勝した松方弘樹さんが

2008年に釣ったのは約351キロの巨大マグロで

img2012_img1004_imge245653azik3zj

 

2009年は325kgの巨大マグロを釣って優勝しています。

PN2009112201000440.-.-.CI0003

 

松方弘樹さんが2008年に釣ったのは約351キロの巨大マグロは

競りで約195万円の値で落札されています。

また2009年に釣った325kgの巨大マグロは

約437万円の値で落札されたそうですね。

 

松方弘樹さんが釣った361キロの巨大マグロは

東京の築地市場に近日中に到着予定だそうですが

今回はいくらで落札されるのか楽しみですね。

松方弘樹さんも楽しみにしていると思いますよ。(笑)

 

東京の築地市場でのマグロの競りといえば

毎年恒例の「マグロの初競り」で寿司チェーン「すしざんまい」

展開する「喜代村」の木村清社長が有名ですよね。

 

e44ca0610c

 

「すしざんまい」の木村清社長は

2013年に222キロの青森県大間産のクロマグロ

約1億5540万円で落札して世間をビックリさせた社長さんです。

 

0130105at07_p

 

僕は「すしざんまい」の木村清社長は

何だか「いい人オーラ」が出ていて

見た目も、かわいいので(失礼(笑))

僕は木村清社長のファンです。(笑)

 

これは僕の個人的な提案なのですが

松方弘樹さんが釣った約361キロの巨大マグロを

「すしざんまい」の木村清社長に落札してもらったら

どうかなと思います。(笑)

 

スゴク「話題」になると思うのは僕だけでしょうか。?(笑)

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。