こんにちは。

僕が毎週、楽しみにしているテレビ番組が

いくつかあるのですが、その中でもお気に入りの番組が

TBSで毎週火曜日の夜7時から放送されている

「所さんのニッポンの出番!」です。

ogp

みなさまの中にも「所さんのニッポンの出番!」を

毎週、欠かさず見ている人も多いのではないでしょうか。?

 

「所さんのニッポンの出番!」の番組の中で

「NIPPON REPORT ソフィの出番」というコーナーで

美人レポーターのソフィさんが僕たち日本人が

普段の生活の中で気にしない事が外国人には

不思議に見えるという「異文化のギャップ」を面白く紹介してくれます。

 

 

 

ソフィさんの本業は「モデルさん」なのでソフィさんは

ルックスもスタイルも抜群でとてもカワイイので僕は大好きです。(笑)

 

ソフィさんも最近はレポーター役にも、ずいぶん慣れて来たみたいで

だんだんレポートが上手になってきているような気がします。

 

それでは今回は次回5月12日(火曜日)の夜7時からの

「所さんのニッポンの出番!」の人気コーナーの

「NIPPON REPORT ソフィの出番」を、ご紹介いたしますね。

 

6a1d2144

 

まずは「NIPPON REPORT ソフィの出番」の

「予告編の動画」をご覧になって下さいね。

 

 

 

 

 

 

今回の「NIPPON REPORT ソフィの出番」のテーマは「畳」です。

そういえば「畳」って海外では見かけませんよね。

日本と近いアジアの国でも僕は見た事が無いです。

 

img45875418

 

最近の新築の家やマンションの新聞広告でも

「和室」は必ず1部屋は確保されていますよね。

 

やはり「畳」は「日本の独特の文化」ですからフローリングの

部屋ばかりでは新築の家やマンションも売れないのでしょうか。?

 

最近の若い人は、フローリングの広いリビングの家やマンションが

主流ですよね。中には和室の畳の部屋をフローリングの部屋に

リフォームする人もいます。

 

10V_SLZ100012

 

みなさまはフローリング派ですか。?

それとも畳派でしょうか。?

 

年齢が高くなるほど和室が落ち着くという

日本人の割合が高くなるような気がします。

 

しかし「畳」の需要が近年は激減しているそうで

畳屋さんも年々減っているそうです。

 

441ca187

 

畳屋さんの「後継者不足」も深刻な問題みたいですね。

 

 

ところで「畳の良さ」って何でしょうか。?

「畳の良さ」について調べてみました。

 

・畳は、フローリングと比べてクッション性がある。

・高温多湿な日本では畳は空気中の湿気を吸ってくれる。

・畳は触った感触や香りがいい。

・畳表の、「い草」には空気を浄化する作用がある

 

以上が「畳の良さ」ではないでしょうか。

 

逆に「畳の欠点」

 

・畳は表面が弱いので畳表に傷などが付きやすい

・畳は高温多湿な日本の夏場などにダニが発生する危険性がある

 

以上が「畳の欠点」ではないでしょうか。?

 

 

 

また番組の中でソフィさんがレポートされていましたが

日本人は「畳に土足で上がれるか?」と質問していましたが

ほとんどの日本人は「土足」では家に上がりませんよね。(笑)

 

僕たち日本人は畳に限らず家に入るときは必ず靴を脱ぎます。

この「靴を脱ぐ文化」にはいろいろな説があるみたいですが

主な理由は

 

・日本は高温多湿な気候なので梅雨や夏場などに

靴を履いたままだと、足に「水虫」などが発生しやすい

 

・昔の日本では道路が今みたいに舗装されていなかったため

雨の日などは履物が泥んこになってしまい、そのまま家に上がると

家中が泥まみれになって汚れてしまうので家の中を清潔に

保つために「靴を脱ぐ文化」が始まったという説があります。

 

反対に海外では、もちろん「畳」はありませんから

靴を履いたまま、土足で家に入りますよね。

 

 

特にヨーロッパの文化では人前で靴を脱ぐのは

「はしたない行為」とされているみたいですね。

 

ヨーロッパでは人前で靴を脱ぐのは

「ズボンを人前で脱ぐ」のと同じくらい

「はしたない行為」だそうですね。

日本で「ズボンを人前で脱ぐ」と逮捕されちゃいます。(笑)

 

特にドイツなどでは他人に足の裏を見せるのは

とても失礼な事みたいです。

「文化の違い」って本当に面白いですね。(笑)

 

それでは5月12日(火曜日)の夜7時から放送の

「所さんのニッポンの出番!」「日本の畳文化」についての

ソフィさんの「NIPPON REPORT ソフィの出番」

楽しみにしましょうね。(笑)

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。