こんにちは。

先日の毎日新聞の記事でトヨタ自動車が10年ぶりに期間限定

昨年8月末に再発売した四輪の「ランドクルーザー70(ランクル70)」

人気を集めているという記事が出ていました。

beeaac30-s

ランクル70は昨年8月末に再発売されてから約1カ月で

目標の月間200台を大きく上回る人気で月に3600台の

受注を上げて現在もランクル70は納車待ちが続いているそうです。

 

ランクル70はオフロード雪道など悪路の走行に適した

大型の四輪駆動車で無骨で屈強そうなデザインが特徴です。

すごいワイルドな人が乗っていそうな車ですよね。(笑)

 

f619e46f7588e5746648805f99aa3239

 

まずはランクル70のオフロードを走る姿をご覧くださいね

 

 

 

ランクル70はトヨタ自動車が1984年に発売して以来

約30年間、世界中でその悪路をものともしない走行性能で

人気のあった車でしたがディーゼルエンジンに対する

排ガス規制の問題などもあり惜しまれつつ2004年に

生産を終了しました。

 

約30年でランクル70は約180カ国で累計131万台を販売したという

世界中にファンがいる車でしたのでランクル70の復活を望む

国内外のファンに答えての再販売になった経緯があるそうですね。

 

ランクル70には2種類のグレードがあって

 

・4ドアバン 360万円

20140815-20102179-carview-000-3-view

 

 

・ダブルキャブピックアップトラック 350万円

739458

という価格で再販売されました。

 

ランクル70のエンジンは、4000CCのV6ガソリンユニットを搭載

していてトランスミッションはATは設定が無く5速マニュアルのみという

硬派な車です。ファンはランクル70の、こういう無骨なところが

たまらないんでしょうね。(笑)

70lc2

AT限定免許の人でランクル70が気に入った人は

自動車学校に行って、マニュアル免許に変更してくださいね。(笑)

 

ランクル70の駆動方式はパートタイム4WDシステムを採用しています。

いわゆる「すべったら四駆」というシステムです。

 

mission_img_figure01_02

 

普段の街乗りでは2WDで走行して静粛性と経済性を保ち

オフロードで4WD走行時には優れた走行性能を発揮します。

ただ燃費は約5キロと、けっして懐には優しくない車です。(笑)

 

これに対してフルタイム4WDという常に4輪に動力を

伝える方式の4WDシステムもあります。

このシステムで世界的に有名なのは

アウディの「クワトロシステム」です。

 

2fb89333

 

 

 

 

 

 

またランクル70はオフロード車の特徴のフロント・リアの電動デフロックと

電動ウインチをオプションとして用意しています。

 

 

ランクル70は、ハイテクな車ではなく、とても「アナログな車」です。

どんなところでも修理できるよう電子機器を極力省いて

「命を預けられる車」というのが開発コンセプトの車です。

 

例えばランクル70の窓は最近の車では、ほとんど見かけない

ハンドルを回して窓ガラスを開け閉めするウインドです。!

若い人は知らないかもしれませんね。(笑)

 

FK1329_15_640x480_70

 

僕が子供の頃の車は、ほとんどがこのハンドルを回して

窓ガラスを開け閉めするタイプでした。

でも安全性ではパワーウインドより良いですよ。

 

僕がパワーウインドの車を始めてみたときは

「スッゲー!」と感動したことを覚えています。

 

ランクル70は車内装備も無骨で必要最小限度の装備しかなく

エアコンも最近は軽自動車でも付いているオートエアコンではなく

マニュアルエアコンのみという男らしさです。(笑)超イイ感じですね~!(笑)

 

U00014879434_17_001

ランクル70の好調な受注の背景には

「アナログで無骨な車」「シンプルな装備」という

けっして普通の車みたいに「快適な車ではない」ということが

車離れが深刻な今の若者には逆に「新鮮な車」に映ったのでしょうね。

 

僕は自慢ではないですが「メカ音痴」で「パソコン音痴」という

電子機器が苦手な、いわゆる「昭和な人間」です。(笑)

 

僕はスマホも使いこなせないので当然ガラケーです。(笑)

デジタルな時代に取り残されています。(笑)

 

そのせいかもしれませんがアナログ的なものには

すごく心を惹かれますし癒されます。(笑)

 

例えば腕時計です。

アナログの腕時計は針の形でパッと時間が判断できますし

スイス製の高級なアナログの腕時計は最高にカッコいいと

思っているのは僕だけでしょうか。?(笑)

 

 

もし宝くじが当たったらスイス製の「カルティエのパシャ」の腕時計が一番欲しいです。

「カルティエのパシャ」の腕時計を見て毎日ニタニタしていると思います。(笑)

 

ランクル70の好調な販売は「ハイテクな車」が、ほとんどの現代社会で

「アナログの良さ」が少し見直されてきている事の象徴かもしれませんね。(笑)

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。