今日の広島市は小春日和の晴天で暖かい一日でした。

桜の開花も、もうすぐですね。

僕は寒がりなので春が待ち遠しいです。(笑)

 

さて今日の広島市はヤバいです。!

ついに、カープファンが待ち望んでいた黒田博樹投手(40歳)の

「8年ぶりのカープ復帰後、初登板の日」です。!

 

僕の仕事はシフト勤務なので休みが不定期なのですが

今日は運良く仕事が休みで黒田博樹投手のカープ復帰後の

初登板の雄姿をテレビで見ることができました。

「神様に感謝」です。(笑)

 

AS20150308002073_commL

 

今日のマツダスタジアムは復帰後の初登板の黒田博樹投手の姿を

一目見ようと約2万人以上のカープファンがマツダスタジアムに

詰めかけ球場は「真っ赤」に染まっていました。熱気ムンムンです。(笑)

カープグッズの売り場も大忙しです。(笑)

 

DSCF3765-580x435

 

テレビでマツダスタジアムのスタンドの様子を見ると

やはり昨年の流行語にもなった「カープ女子」と言われる

若い女性ファンが多く観戦していて確実にカープ女子は

増殖しているな~と思いました。

 

1d72e3c43ff48c25386293405f144013

 

また「おかえりなさい」というボードや黒田博樹投手の

背番号「15」のボードを掲げているカープファンが、たくさんいて

あらためて「男気」黒田博樹投手の人気はスゴイなと思いました。

 

20150308-00000037-jijp-000-view

 

試合は黒田博樹投手の「オーラ」とカープファンの「熱気」

ヤクルトの選手は呑まれてしまったのかもしれませんね。(笑)

 

黒田博樹投手はパーフェクトなピッチングで5回1死で降板するまで

打者13人を39球で仕留めて見事に復帰後、初登板を飾りました。

チパチパチ(拍手!!)

 

20150308-OYT1I50017-N

 

以前、僕のブログでも記事にしましたが黒田博樹投手の

カープ復帰会見の時に黒田博樹投手がコメントした言葉の中で

黒田博樹投手が「不安しかありません」とコメントされていたのが

すごく印象に残っています。

 




 

001

大リーグで実績を残した黒田博樹投手でも8年ぶりの

カープ復帰は「不安しかありません」という言葉が

出るほど相当なプレッシャーがあったはずです。

 

沖縄キャンプの時も連日マスコミに黒田博樹投手の

練習しているニュースが取り上げられて

僕たちが想像する以上にファン思いの黒田博樹投手

応援してくれるカープファンとマスコミにプレッシャーを感じていたはずです。

B_Nb4NwVAAAVBIi

黒田博樹投手に限らず一流のアスリートの人は「メンタルの重要性」

理解されていますよね。本番に弱いアスリートは一流とは言われません。

本番でいつもの力を発揮するためには「強いメンタル」が必要です。

 

僕はメンタルが弱いので、すぐにプレッシャーに負けてしまいます。(笑)

何かメンタルを鍛える良い方法は、ないのでしょうか?(笑)

 

黒田博樹投手も昨日の夜は、なかなか寝付けなかったかもしれませんが

黒田博樹投手は著書の 「クオリティ・ピッチング」の中で

「打者よりも常に優位なメンタルでいること」と書かれています。

 

 

「打者よりも常に優位なメンタルでいること」というのはマウンド上で

「常に強気でポジティブな気持ち」になることではないでしょうか?

 

「もし打たれたらどうしよう」とか「この打者は苦手だから打たれるかもしれない」と

ネガティブな考えを持つと悪い結果を迎えることが、なぜか多いそうです。

 

32歳の若さで亡くなられた「炎のストッパー」としてカープファンには

伝説の名投手の津田恒美さんの名言「弱気は最大の敵」という言葉がありますが

黒田博樹投手も少なからず強いメンタルを保つために津田恒美さんの名言の

「弱気は最大の敵」という言葉に影響を受けているのではないでしょうか?

 

 

僕も仕事をしていて「悪い予感」は、当たることが多いので

なるべく「良い予感」を考えるようにしていますが

実際は弱気になることが多く、なかなか難しいです。(笑)

みなさまも経験ありませんか?

 

まずはカープ復帰後の初登場を素晴らしいピッチングで飾った

黒田博樹投手に「お疲れ様でした。」と言ってあげたいです。

試合も1対0でヤクルトに勝ちましたし今夜は黒田博樹投手には

安心してゆっくり寝てほしいですね。(笑)

 

 

やっぱり黒田博樹投手のカープ復帰はヤバいです。

今年は念願の優勝シーンが見れそうな「良い予感」がします。(笑)

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。