今朝のテレビ番組で寿司チェーン店「すしざんまい」

経営する株式会社喜代村の木村清社長が出演していました。

 

top_header

 

番組の中で明日1月5日に築地市場で行われる

新年恒例の東京の築地市場でのマグロの初競りについて

「明日は必ず競り落とします!」と豪語していました。

 

「すしざんまい」は関東地方を中心に展開している寿司チェーン店で

店舗数は国内に50店舗以上あって福岡や北海道にもあるそうです。

 

僕は広島市に住んでいるのですが残念ながら「すしざんまい」のお店は

まだ中国地方には出店していないそうなので是非、広島にも出店して頂きたいです。

 

築地市場でのマグロの初競りはマスコミでも取り上げられるほど

新年の景気を占う意味でも注目を集める競りです。

 

img_0

 

ちなみに過去3年間の築地市場でのマグロの初競りの落札金額ですが

 

・2012年  5,649万円(1キロあたり21万円)

2013年  1億5540万円(1キロあたり70万円)

・2014年  736万円(1キロあたり3万2000円)

 

過去3年間は「すしざんまい」の木村社長が全て競り落としています。

初競りで仕入れたトロはなんだか美味しそうですし

縁起も良さそうですよね。僕も「すしざんまい」で初競りで

仕入れたトロを食べてみたいです。(笑)

 

また木村社長が築地市場に初競りに行くときは銀行の人

一緒に(笑)築地市場に行くそうです

競り落とした金額は現金で4日以内に払わないといけないそうです。

 

過去3年間の築地市場でのマグロの初競りの落札金額の中で

2013年が1億5540万円と飛び抜けて高額で落札されていますが

これは香港を中心にアジアで50店舗以上の寿司チェーンを展開している

「板前寿司」と競り合ったためだそうです。

 

店舗展開している地域は違いますが、店舗数も同じくらいのお店ですし

「すしざんまい」と「板前寿司」のメンツをかけた初競りだったのでしょうね。

その時の築地市場は「どこまで競り上がるんだろう?」と異様な雰囲気だったでしょうね。

その時の映像をご覧くださいね。

 

 




 

ところで2013年に1億5540万円で競り落とされたマグロは

青森県の「大間産クロマグロ」でしたが、なぜ大間産の

マグロは高値で取引されるのでしょうか?

 

??????????????

 

原因の一つにマグロはヘルシーだと世界的に消費量が増えてしまって

天然のマグロが乱獲により絶滅危惧種のレッドリストに登録されるくらい

数が減ってしまい、養殖マグロと較べて味が格段に差がある

天然のマグロの価値が上がったためです。

 

特に大間産の天然マグロは自然の海の中を

高速で泳ぐため身が締まっていて、いけすの中を泳ぐだけの

養殖マグロとは身の締まり方が全然違うため、食べ終えた後も

後味がスッキリしているそうです。

 

oma07

 

僕は大間産の天然マグロは高くて食べたことがありませんが(笑)

たぶん口の中で溶けるように美味しいのでしょうね。!

そういった理由で稀少価値のある大間産の天然マグロは市場で高値で取引されるそうです。

 

 

 

また、みなさまもテレビ番組で見たことがあるかもしれませんが

なかなか大間産の天然マグロは獲れないみたいですね。

こちらの映像をご覧くださいね。

 

 

僕もテレビ番組で大間のマグロの一本釣りを見たことが有りますが

漁師さんが寒い冬のシーズンに1本か2本くらいしか獲れなくて

運良くマグロを釣り上げた時は、すごい迫力ですよね。

漁師さんには天然マグロが1本釣れると落札価格の

約80%以上が漁師さんの収入になるそうです。

マグロを釣った時の漁師さんは宝くじが当たった気分でしょうね(笑)

 

さて明日の築地市場のマグロの初競りは、どんな

ドラマが待っているか楽しみです。

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。